コーカサス地方の舞踊音楽、シルクドュラシンフォニー

 

シルク ドュ ラ シンフォニー

サーカスとオーケストラのコラボした舞台を観に行ってきました!

 

オーケストラの演奏をバックに、曲ごとに違うサーカスのパフォーマンスを次々としていくというもので、

普段のオーケストラの演奏会とはまた全然違うもので、笑いもあり、エンターテイメント性があって、親しみやすかった舞台でした!

 

演奏は

キエフ国立フィルハーモニー交響楽団

National Philharmonic Society of Ukraine Kiev

ウクライナの交響楽団^_^

ロシアの隣にある国です。

なるほど、だからハチャトュリアン

や、チャイコフスキー

の曲が多かったのね。

 

個人的に想い入れの強い、ガイーヌのレスギンカ舞曲

も演奏してました!!

これは、中学のとき打楽器アンサンブルで演奏して金賞をいただいた、かなり民族感あるインパクトが強い曲です。特にこのスネアドラム!神。

今回のキエフの演奏で、打楽器の方がみんな吠えてました笑

日本でいう祭りで血が騒ぐのと似た感覚ですかね、。

 

このガイーヌの曲は

コーカサス地方の民族舞踊音楽ということで、今日はここに深掘りしていきたいです。

 

コーカサス地方とは、

img_0

ロシアと中東の境目!コーカサス山脈があります。

この辺りには様々な民族が暮らしていて、私が好きな民族的な雰囲気があるクラシック音楽は、だいたいこの辺りを題材にした曲が多いです。

吹奏楽の曲でアルメニアンダンスという曲も有名です!

img-top-001.jpg

juta99.jpg

素敵なところ^^

 

 

ではでは、コーカサス地方の民族舞踊とはどのようなものなのでしょうか??!

 

こちらをご覧あれ

 

とにかく、男性すごいっ!!!!

女性なんもしてない!!!笑

身体能力高めですね。。。

 

あとはワインも有名らしく、

コーカサス三国のアゼルバイジャン、グルジア、アルメニアは世界最古のワイン貯蔵所と呼ばれている事もあり、ワインの製造方法に関しては世界で1番です。
その歴史ある製造方法とアララット山を含む大自然が育んだ果実から造られたワインは香りが豊かで、果実本来の甘味や酸味を味わえます。
また、ガラス細工の歴史も深く、こだわって造られたボトルも特徴的です。

※『アルメニア6,100年』 『ジョージア(旧グルジア)8,000年』とコーカサス地方でのワイン造りは古くから行われております。

引用→https://ta-shoji.co.jp

 

ますます、行きたくなったコーカサス地方❤️

コーカサスのワインは近々試してみようと思ってます^^

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close