若者の逃げ道を作る事業。

昨日、ドラムレッスンをしている中学生の生徒がこう言った。

「私、もう大学早く行きたいです。英語を勉強して海外へ行きたいです。」

「ヤシの木が生えてる街に行きたい。英語だけじゃなくて、音楽ができれば楽しいかなって。」

 

ああ、それは、私がその年代だった頃から

夢見ていたこと。そして叶えた夢であった。

そして実はそれは夢ではなくて、ただ自分が自分らしくありたいという欲求であったし

いろんなもので縛られている環境から抜け出したいという声である。

私と同じように、日本から脱出したいと思っている子がこんな近くにいたか!

 

ちょうど、その子の学校の試験が終わった後のレッスンだった。

 

彼女は、レッスンを重ねていくごとに、顔の表情が変わってきた。

なんだかドラムを演奏している姿が、ドラマーらしくなってきた。

音も、前より生き生きしている。

最初は、何かに縛られた、社会に縛られたそんな感じだった。

それをドラムを通じて解放していくこと、そして夢へ少しでも手助けできるように事業を展開していくことが、私の役目だと思った。

 

色々なストレスを抱える、現代っ子。

そんな一人でもあった私は、音楽がなければ生きていたかすらもわからない。

 

ただ単にいろんな大人の押し付けがましい概念をぶっ飛ばしたい。

大人が逃げ道を作ってあげることで、それがその子の人生に大きく関わる。

中学生だった自分、その時に出会いたい人に、今じぶんがなっていること。

(経験があるという意味で)

そして中学生の生徒がいること。

 

だから、新しい面白い事業を始めようと思う。

自分の海外での経験を生かし、人脈を生かした外国人の雇用拡大に向けて。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close