One Handed Drum Roll 片手ロールの実用性

One Handed Drum Roll (aka The Freehand Technique by Johnny Rabb) – YouTube.

片手ROLLとは・・・

名前の通り片手でROLL(連続する音、連打)をする技。

通常は両手で、2つ打ち(1振りで2打音鳴らす奏法)を速くしたものを繋げてROLLにしていきます。
ROLLにも種類があり、強弱の表現や曲のSPEEDに合わせて
2打以上を繋げてROLLにするBUZZROLL(潰したロール)などもありますが

片手ROLLはどちらかというと2打音を片手で繋げる、っていう考え方です。

でも、この動画を見る限り、
2つ打ちという考え方よりかは

UP DOWN の奏法を用いています。
UP DOWN奏法って何っていう方は、この動画のSLOWMOTIONの時の腕に注目してみてください。
上下に腕を動かしているでしょう?
そして、STICKの動きに注目してください。ほら、何かの動きに似ていませんか、、、

そう、シーソーです!!!w 
親指と人差し指で持っている部分の支点を軸として上下させます。

ここでPOINTなのが STICKのBalance、つまりどこを持つかによってうまくboundできるかが変わってきます。

また片手ROLLは親指と人差し指の2本の指のみを使います。
STICKの重さやBalanceはそれぞれで異なるので、まずは自分のSTICKの支点(持つ位置)を定めましょう。
持つ位置を変えて一番Boundしやすい、平均の位置を見つけます。

この基本的なUPDOWNの動きのコツを掴んだら、それをゆっくりKEEPしてだんだん速くします。
速くすると力みがちになるので注意します。でも手首は固定しておきますので緩みすぎないように。。。

つまりは、UP DOWN奏法を速くしたら連打になるよっていう。
腕の動きのIMAGEは痙攣のような・・・www 

メルボルンでマーチングドラムクラスに通い始めてから
どうやったら空気抵抗を少なくして速く綺麗にBOUNDできるかを意識するようになりました。

そうすると、とってもSETTINGは重要だな、、、と改めて感じます。

腕の角度、腕の位置と打面の関係性、
また、STICKの握る位置、指の使い方、BOUND後の

すべての動きに意味がある、また意味の無い動きは省かなければいけない。

うーーん、深いーす。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close