OTODAMAフェス閉幕について

キマグレンが経営する音霊フェス(逗子海岸)が今年いっぱいで閉幕に。。。

理由は

一部の海岸利用者による
海岸の治安悪化と風紀の乱れ

逗子市が「安全で快適な逗子水浴場を取り戻すための対策協議会」を設置し

このせいで

「音楽禁止」の協議が行われている。

ミュージックフェスティバルで一番の課題なのは

近隣住民や行政とのコミュニケーション

けど、今回のフェスは9年目を迎えているし
どうしてこのような音楽禁止までいく方向性になったのか。。。?

キマグレン フェス取締役のkureiさんが
逗子の地域活性のため「海で音楽を楽しめる場所を創ろう」と企画したフェスティバル。

正直、どのフェス経営、運営でも
隅々まで環境配備やお客さんのモラルやマナーまで
手が回らないのは確かです。
ゴミくらいなら、ボランティアを集めてどうにか海岸を綺麗に保つことはできる。
対策は充分にできるはず。

マナーに関しても事前に呼びかけることはどのフェスやライブでも
最近は当たり前だし、
アーティストや経営者、運営側からも随分色んな形で訴えかけることがおおい。

様々なフェス、ライブで裏方は色々と工夫しているのだ。
今回のような事態を防ぐために。

ただ、人間のモラル低下に関しては。。。。

そこは音楽じゃなくて、教育の問題だしw

音楽が人間のモラルを下げるの?
モラルの低い人間が音楽好きなの?

「音楽禁止」にするならまず「禁酒禁煙」にすればいい。

具体的に音楽を禁止にして何が変わるのかを教えてほしい。

なんで、治安悪化と風化の結果、音楽禁止になるのかが理解できない。

そんなら別の形で、別のターゲットで
音楽フェスしたらいいんちゃうの?え?
いいじゃん、カントリーミュージックフェスとかジャズフェスすれば。

そうやって間違った方向で自治体が「全面的に音楽が悪い」
みたいな捉え方をされると非常に困るし、
他のフェスもギリギリのラインで経営しているので
もちろんライブハウスやクラブも。

しまいには法律で音楽禁止とかになるんじゃないの、この国?笑

根本的に議論する点が間違っていると思います。
そんな風潮がビリビリきている日本じゃ
音楽活動する気にはならないな。。。

政府や自治体を変えないと音楽ができないなんてね、
なんて悲しく心が貧相な国だー。

どんどん縮小する一方。
ライブビジネスが比較的唯一の黒字傾向にあるのに。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close