大崎下島への旅 〜Spring in Japan〜

都心に住んでいて「日本が嫌い」「息苦しい」と思っているぴーぽーも

この瀬戸内海と季節の変化を目の当たりにすれば

「日本は美しい」

と思うはず。

日本人のこころに古くからある美観(美感)や感じ方は

時代を越えてこころの奥に眠っている。

江戸時代から変わらぬ御手洗の町並みと景色。

そんな島です。大崎下島。

 

 

「大崎下島 歴史のみえる丘公園より見渡すとびしま海道の島々」(御手洗)

R0013113

「くそ美味しい大長みかんで有名な大長の柑橘」(大長)

R0013077

「菅原道真の天満神社のサクラ」(御手洗)

R0013090

「江戸時代の茶屋であった若胡子屋。現在は資料館として無料開放」(御手洗)

R0013091

「重要伝統的建造物群保存地区である御手洗」

江戸時代から昭和初期の建物が多く残っています。どれも立派なたたずまいです。

まるで街中が資料館。江戸時代にいるような感覚になる。

R0013092

 

 

Where is the Osakishimozima?

スクリーンショット 2013-04-06 2.45.30

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close