畑ージャンベー命 そのつながりとは。

〜農MUSIC 農LIFE〜 

畑セッションいいな!

 

これはジャンベという太鼓です。

日本でも最近、ポピュラーになってきてる楽器です!!

ジャンベやコンガなどなどは一本の木の命と、皮に使われる動物の命が宿っています。(安いのはほとんど違うけど)

ジャンベはもともとアフリカの楽器。

アフリカ人のタブちゃん(先生)に聞いた話では、

ふつうに、

「はい狩りいきま〜す!」 つって

狩る→剥ぐ

肉は食べて皮は太鼓に、、

本皮の原型はこんなん。

ヤギ皮

(アフリカから直輸入でネットで買えますよ〜♪)

こんなように作られています!

これなんかはガチで参考になる映像です。

とくにこのビデオのMaking The Djembe 2ではグロテスクです・・・

リアルな太鼓作りを見たい方は、ぜひ見てください。

 

太鼓には魂が宿っているんだな〜と感じることができます。

(がち!!!)

 

アフリカではジャンベは神との通信ツールみたいです。

てゆか太鼓はどれもそうなんです。ドラムも。

なので、ある意味危ない楽器なんです。

 

(そんなようなことを大学の授業でやってたり笑)

神(宇宙)と交信する授業とかねww

言葉や理屈では説明できないことがあるんで、、

説明はできませんね〜 演奏すればわかるよ〜

(だからドラマーは変人ばっかなんだ)

 

音楽はもちろん

とくに太鼓は 誰にでも叩ける。からこそ深いんです。

 

壮大なテーマですが、結論はないです!

ただ自然に生かされているのだな〜と。

 

そして農家さんは自然を相手にしているので

本当尊敬ですわー!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close