ワインとあう音楽。

Amazon.co.jp: リアル・タイム・ライヴ・イン・コンサート1992~イン・メモリー・オブ・リチャード・ティー: リチャード・ティー, スティーヴ・ガッド, ウィル・リー, ジョン・トロペイ, ロニー・キューバー, ラルフ・マクドナルド: 音楽.

soooo good!!!

in Tokyo , 1992.

このメンバーは、おなじみの、プロ集団です。(笑

日本でこの前発売されました!

即買いして、スピーカーで聞いてます。

私がまだ1歳じゃなければ、絶対ライブ見に行ってたなー

今、メンバーで生きている方が何人かで、

その中でも、スティーブガッド(dr)は、まだばりばり活動してます。

ガッド様が生きているうちに、あと何回会えるのか…

なんであんなに元気なのってくらいまだ元気だけど!

ガッドについて少々語ると、

ソロもすごいけど、一番すごいのは、曲の持っていきかた。

やってることはシンプルなのに、音が全然違う。

そしてストーリー作りで、音量の変化ってすごい重要で、

そこをバンドとのブレンドを一番に考えながら、すっと溶け込める。

で、ドラムが先導する所は、ぐいっと持ってっちゃう。

まさに一緒に演奏する人にとっては一番、演奏しやすいと思う。

(それ以前に、技術がはんぱないけど)

料理もシンプルで、おいしいと言わせるのは、難しいこと。

なんで同じ演奏をしても、全く違うのか。

それには隠し味があるからです。

たぶん目の前で見てもわかりません。それは目に見えないもの(と、スロー再生でしか見えないもの)があるからだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close