森は海の恋人〜気仙沼かき養殖〜

畠山重篤 かしこい生き方のススメ

COMZINE BACK NUMBER
かしこい生き方 気仙沼漁師 畠山重篤さん

日本人はこだわりを無くしたら終わりだと思う。

伝統産業や本当に日本を支えているプロのこだわりが、日本の伝統であり、誇りであるから。

NHKのプロフェッショナルという番組で、見て感動した、畠山さんのプロ魂。

かきが、人間の生活の表しになっていること、地球の危機を教えてくれること、

かきを愛し、かきから学び、そのかきを救おうとしています。

地球は循環なんだな、と、改めて思います。

気仙沼は多大な津波被害があって、
今でも放射能の問題などで、
海産物の課題はたくさん抱えているけど、

気仙沼、日本、世界一のかきを 守っていくために

こうしてやっているんです。

海を守るということは、森を守ること

それに早く気づいた畠山さんは、森に木を植えていきました。

たった1人で始めた活動は、今では世界で評価されるような、地球を守る活動につながっています。

今は
放射能が海に流れ出ている、最大の問題がある。

それをどうにかしないと、そのこだわりも、全て無駄になってしまうのかなって。。。。

それが今、最大の人間の失敗であり、
結局は自分たちを1番苦しめることになる。

情報は流れない、目に見えないものが流れでて、何もできないのかな

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close