これからの音楽産業

昨日、音楽産業論の講義で
あのTwitterで有名な津田大介さんがいらっしゃいましーた\(^o^)/

音楽産業の現状と、これから、、、
そして福島でライブを企画して、復興支援をしたときの映像。
など、色々な体験と情報を伝えてくれました。

まあなんといっても
これからの音楽産業のキーワードは
・ソーシャルネットワーク
・ライブ
・自主レーベル

これは、前々から自分でもある程度予想してた通り。

まつきあゆむさんが出てきたとき、ついに来たって思った。
自主レーベルの確立。
アーティストが自立して活躍できる時代になりました。
1人でなんでもできちゃう!!よ!!
ま、宅録して自主制作とっくにやってる人はいたかもだけど、
さらに売上もしっかり出してるから、
それがレーベルとしての確立っていう。

私はそれを尊敬してて、そんな風に出来たら一番いいなって思って、、ね(^o^)

どんどん情報が入ってくる世の中です。

しかしネットを利用している人と、それ以外の人だと随分情報量の差が、、、

特にipad使いだしてからさらに思う今日この頃。
インターネットの急速な発展にどれだけついていけるかー!
それが音楽の発展にも結びついている。
これからどうなるか楽しみ( *`ω´)

津田大介さんについては検索すればTwitterですぐ出てきます!

津田さんのブログ。
ほぼ過去の話。だけど、勉強になる。
現代を見抜く力はやはりすごいわ。
http://xtc.bz/

また「未来型サバイバル音楽論」っていう津田さんと牧村先生の
対談書籍が電子書籍になって発売されてます。
Itunesで探せば一発。電子書籍おまけあり。
今読んでる最中ですが、これ一冊でレーベル論がわかります。
興味あるかたはぜひー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close